当教室では、安心してお稽古を続けて頂く為に、生徒さんのご希望を出来る限り受け入れて、個々に対応しています。 そのため、大手の教室と違う点がありますが何か不明な点やご質問がありましたら、遠慮なくお訪ねください。

 レッスンの他に、ホームコンサートやお勧め音楽会の案内、懇親会などがありますが、強制ではありませんので、生徒さんのほうで判断して頂き、無理のない範囲でご利用ください。ピアノの技術的な上達を目標にされるだけでなく、音楽を大きく捉えて、さまざまな角度から触れ合って頂く事をお勧めしています。

◎こどもさんのレッスンについて・・・
★習い始め
 初めてピアノを習う場合、先生の影響はとても大きいものだと考えています。なぜなら子どもにとって、ピアノ(音楽)を教えてくれる先生が好きかどうか、定期的に通うことが楽しみか・・でピアノ教室に対するイメージが決まってしまうからです。

 当教室では、低年齢の子供さんには始めから教材や進度を決めずに「音楽遊び」を通して音楽への関心度や興味の度合い、性格を見させて頂きます。教室へ通うことに慣れて、お稽古が好きになることを第一の目標にしています。
  すぐにピアノ (曲)を弾く、教材を早く進めることに重点を置いていません。 子供には個人差がありますので、3ヶ月程でスムーズにお稽古を始められることもありますが、遊び大好き、やんちゃ盛りの子供さんは(男の子に多いです)無理やりピアノに向かわせてしまうと大人になってからも「ピアノ教室は辛く苦い思い出」ばかり・・・となってしまいます。ですので、はじめは子供が潜在的に持っている音楽性と関心が芽を出すまで「待つ」レッスンからはじめます。

★基礎はしっかりと
 但し、基礎を身に付けておく事は大切なので、ソルフェージュリトミックを採り入れながら、音楽の基盤をじっくり固めていきます。和音聴音や短いフレーズの音とりを何度も繰り返すことにより、かなりの確率で絶対音感も身につきます。

★お稽古に慣れてきたら...
 その後はご両親とよく相談させて頂き、充分に納得されたらお稽古を続けていきます。何か問題が発生した場合は、時間をかけて子供さんにとって一番良い方法を考えます。レッスン時間の変更、自宅での学習方法など、場合によっては一時的に休会も可能です。
 特に受験期や多数の習い事によって「ピアノ」がストレスにならないように、大人になっても日常の生活でいつも音楽を感じ、それぞれの方法で楽しんでいけるように・・・そのためのお手伝いをしたいと考えています。

★数年後...
 数年間頑張ってお稽古に通い、本人も「もっと上手くなりたいなあ、人前で弾いてみたいなあ」と感じた時には、コンクールなどを勧めることもあります。また、もう少し専門的に勉強したいと考え始めた時には、レッスン方法を徐々に変えていきます。

★進学について
 必要に応じて「その道」の専門家をご紹介、音楽大学へ進む準備を一緒に進めることも出来ます。



★基本レッスン方針
★発表会&ステップ・コンクールについて
★教材について



★子供のためのレッスン方針
★子供のためのコース
☆ソルフェージュレッスンについて
☆お母さんの練習サポート方法



★一般コース
☆ソルフェージュレッスンについて