LENDEX(レンデックス)とは

 

LENDEX(レンデックス)というサービスを初めて聞いた方も多いでしょう。
これはどんなものなのか、怪しいのか、気になることも多いですよね。
LENDEX(レンデックス)とは、最近登場したソーシャルレンディングの1つになっています。

▼ 目次

LENDEX(レンデックス)は最近登場したソーシャルレンディングサービス

ソーシャルレンディングは以前から運営されていた比較的歴史のあるものから、本当にごく最近になって登場したサービスまで、いろいろなものがあります。
LENDEX(レンデックス)もその中の1つで、最近登場したのが大きな特徴です。
他の大手のソーシャルレンディングサービスに比べて、歴史はかなり浅いですが、これもソーシャルレンディングの1つになることは間違いありません。
こちらを利用すると、あまり大きな資産を持っていない個人でも、気軽に投資ができます。

使い方も他のソーシャルレンディングと大きくは違いません。
インターネット上にLENDEX(レンデックス)というサイトがありますから、そちらへログインし、自分が投資したい案件へと投資をします。
ログインして投資するためには、最初に利用登録や口座開設が必要です。
この手続きを終えたら、LENDEX(レンデックス)を通して投資ができるのです。

LENDEX(レンデックス)とはこのようなソーシャルレンディングサービスの1つになるため、決して怪しいサービスではありません。
最近登場したソーシャルレンディングの1つになる点をよく確認しておくといいでしょう。

LENDEXの評判は?

ではこれについての評判はどうでしょうか?
ソーシャルレンディングを利用する際、各サービスの評判は大事です。
投資は将来の返済や配当金の支払いを期待して、一度自分のお金を預けることになりますから、信頼できる投資先やサービスを使うのが基本になっています。
投資にはどうしてもリスクがありますが、いい案件や投資先に投資できないと、投じたお金が戻ってこないリスクも高まります。

LENDEX(レンデックス)は決して怪しいサービスではありませんが、ではその評判はどうかというと、今のところは悪くはないのではという評判が一般的です。
他のソーシャルレンディングに比べると、非常にいい評判はそれほど多くは見つからないのが現状です。
そうなるのは、LENDEX(レンデックス)がまだ登場して間もないサービスになり、ソーシャルレンディングとしての運用実績がほとんどないため。

これらサービスは、実際にソーシャルレンディングとして運用され、遅延や貸し倒れなどがなく元本や配当金の支払いが行われることで評判が高まります。
そうなるのは、資産運用を第一にして利用している方が多いからです。
この点はクラウドファンディングとはかなり違う部分で、きちんと投じたお金や配当金が約束通りに支払われたのかは、かなり厳しく見ている個人投資家が多いですね。
このポイントについて、LENDEX(レンデックス)はまだ運用が始まったばかりで、期間満了により元本や配当金の支払いをすべて終了した案件が、まだほとんどないのです。
そのため、まだこのサービスについては評価ができないと様子見を続けている個人投資家が多いですね。

ただ、それは現時点で明らかに評判が落ちるような出来事もなかった結果ともいえます。
まだサービス開始直後とはいえ、現時点ですでに破綻状態に陥った案件があったり、サービスと連絡が取れなくなったりといった出来事があれば、そのサービスの評判は当然落ちます。
そのようなソーシャルレンディングに大事なお金を預けると、配当を受け取れるメリットよりも元手を失うリスクの方が高いですからね。
LENDEX(レンデックス)の場合、まだ運用実績はほとんどないものの、このようなトラブルも起きてはいないため、今のところ評判が大きく落ちるといったことはありません。
そのためまだ確定ではありませんが、悪くないサービスなのではといった評判が多いですね。

LENDEXはこれからさらに伸びる!?

このようにLENDEX(レンデックス)はまだこれからという発展途上のサービスなのですが、だからこそチャンスがあるのではという評判もあります。
投資で資産を増やすには、早い段階で将来有望な案件やサービスに投資することが大事と、よく言われますよね。
その案件が有望だと、誰の目にも明らかになってからでは、すでに多くの方がそちらに投資しており、自分が投資できる余地がなくなりがちです。
早い段階で有望な案件に投資できるほど、少ない元手で高いリターンを得られます。
LENDEX(レンデックス)はまだ現在、そこまで高い評判はないため、ライバルが少ないのです。
そのためこのサイトで投資できる案件にもライバルが少なく、有望な案件に投資しやすくなります。

また、そのような状況を反映してか、現在のところLENDEX(レンデックス)の利回りは他のソーシャルレンディングよりも高い案件が多く、うまくいくと他のサイトでの投資よりも効率よく資産運用ができるのです。
もちろんこれはリスクを反映した条件でもあります。
利回りがいいほどリスクも高いことを意味しますから、絶対におすすめというわけではないものの、リスクを承知で利回りがいい案件を探している方には、ちょうどいいサービスになるでしょう。
LENDEX(レンデックス)とはこのように発展途上のソーシャルレンディングサイトになります。