レンデックス特徴とは

投稿日:

レンデックスで評判になっている注目の特徴は何かあるでしょうか?
たとえば、利回りがいい点はかなり人気のポイントです。
配当に関する利回りの予定が高く、しかも個人でもきちんと投資できる案件は、それほど多くはありません。
そのような案件が見つかりやすいのは、レンデックスで評判の特徴です。

ただ、事前に公表されていた利回りがどれだけよくても、実際に投資した結果、その事業がうまくいかず、返済が滞ったりしては、あまり意味がありませんよね。
このようなことがないよう、レンデックスはリスクヘッジとなる対策が施されているのも、多くの個人投資家から評価を受けているポイントです。

そのリスクヘッジとなる対策とは、担保の設定です。
銀行で融資を受けるときに担保を設定するように、レンデックスで募集されている投資案件にも、それぞれで独自に担保が設定されているものがよく見つかります。
このような案件で、もし返済が遅れたり、事業者が破産して返済不能に陥ったりしたら、その担保を使って返済を行うわけです。
これのおかげで、1円も投資したお金が戻ってこないというリスクは下がります。
投資にはどうしてもリスクがあって、そこは自己責任となりがちなポイントですが、レンデックスの場合、投資に失敗したときもある程度はお金が戻るよう、このような担保の設定をやってくれます。
これは投資家からも評判のいい特徴です。

しかも担保がきちんと担保になるよう、担保の設定方法にも配慮されています。
レンデックスで担保に設定されているのは主に不動産ですが、その不動産にどれだけの資産価値があるのか、それを提携している他社に評価を委託しているのです。
その委託業者による担保の評価額も各案件の詳細ページで公表されており、本当に担保が担保になっているのか、事前に確認できます。
担保付きの投資案件は他のソーシャルレンディングでも見つかることがありますが、その担保を評価した業者やその評価額まで公表されている例は、それほど多くありません。
もちろんこれはあくまで参考値で、絶対にこの担保で返済を賄えることを保証するものではありませんが、その担保についての情報が何もないよりは、投資の判断がしやすくなるでしょう。

この特徴は、個人投資家からも評価されています。
担保などの安全策が取られている投資案件を探しているときは、レンデックスも候補に入れてみるといいかもしれません。
ただし、先にもご紹介した通り、担保があれば絶対に返済を保証されるわけではありません。
投資するときのリスクは必ず確認の上、投資する金額には注意してください。