LENDEX(レンデックス)とソーシャルレンディング

投稿日:

LENDEX(レンデックス)とは、ソーシャルレンディングの1つになるのですが、このソーシャルレンディング自体、初めて聞いた方もおられるでしょう。
これがわからないと、LENDEX(レンデックス)とはなにか、いまいちイメージがつかめませんよね。

ソーシャルレンディングとは何かというと、最近登場したサービスで、インターネット上で投資ができるサービスになります。
個人投資家は、こちらのサービスで投資したい案件を探します。
これはお金になると思う案件があれば、そちらに投資するのです。
そして何かビジネスをやりたい事業者が、このソーシャルレンディングに案件を出し、投資を募集します。
個人投資家から投資が集まれば、この事業者は活動資金を得られるわけです。

個人投資家から事業者に一度集まったお金ですが、もちろん一時的に借りた形になっているお金ですから、事前に取り決めた通りのスケジュールで返済をしていきます。
このときには利息も付けて返します。
ただ元本を返しただけでは、お金を貸す側にメリットがありませんからね。
その利息が、個人投資家にとっては利益になります。

このようにソーシャルレンディングとは、投資したい個人と、お金を集めたい事業者などを結びつけるマッチングサービスになります。
このようなサービスは現在のところいくつかあるのですが、その中の1つになるのが、LENDEX(レンデックス)というわけです。
そのため、LENDEX(レンデックス)では何ができるのかというと、個人投資家にとっては投資ができるのです。
LENDEX(レンデックス)に利用登録をすると、実際にこちらで投資を募集している案件まで、投資できるようになります。
投資できる金額や利回りは、各案件ごとに決まっており、その条件通りに投資ができます。

投じたお金はその事業者によって活用され、期限が来たら利息付きで返済されます。
ただし、事業者がうまくそのお金を活用できず、お金をなくしただけで返済できなくなった場合、投じたお金が戻ってこないこともあるのです。
このようなリスクもあるのがソーシャルレンディングです。
LENDEX(レンデックス)だけにあるリスクではありません。

どんな案件に投資できるのかは、各ソーシャルレンディングによって変わります。
LENDEX(レンデックス)の場合は、不動産業者への貸付といった案件が比較的よく見つかります。
また、貸し倒れに備えて担保が設定されている案件もよく見つかります。
このような案件への投資ができるソーシャルレンディングの1つが、LENDEX(レンデックス)です。
興味がある方は、一度サイトをチェックしてみるといいかもしれません。