LENDEX(レンデックス)の評判

投稿日:

投資をするときには、評判が気になりますよね。
評判がいいならリスクも少なめですが、あまりよくない評判が目立つなら、ややリスキーな投資先となります。
ではLENDEX(レンデックス)の評判はどうなっているのでしょうか?

これについては、評価している方と、慎重に見ている方とに比較的はっきりと分かれています。
このような評判になっているサービスになることは、よく確認しておくといいでしょう。
レンデックスが評価されやすいポイントの1つは、利回りです。
どれくらいの利回りになるかは、サービスによって変わるものの、LENDEX(レンデックス)はこれが比較的高いのです。
利回りが高いということは、それだけ配当の金額が高いということで、お金が増えやすくなります。
このような投資をする一番の目的は、余っているお金を有効活用して資産を増やすことですから、利回りが高く、お金が増えやすいのは非常に大事なことですね。
この利回りの良さが、LENDEX(レンデックス)が評価されやすいポイントです。

あとは、この利回りがきちんと果たされるのか、リスク対策がどれだけされているかがポイントですが、LENDEX(レンデックス)はここを評価されることもあります。
こちらの案件は、短期の投資が中心になっています。
お金を貸し出す期間は、半年から1年間ほどになることが多く、比較的短期間で投資したお金を取り戻せるのです。
そして少額投資も可能です。
多くの案件で2〜3万円から投資可能となっているため、自分にとってちょうどいい金額を柔軟に指定できます。

さらに、LENDEX(レンデックス)の案件には担保もついています。
このような特徴はすべてリスク対策になるため、先の高利回りの特徴と合わせて、評価している方も一定数いるのです。
実際にこちらを利用して投資した方もおられます。

ただ、慎重な評価をしている方も少なくありません。
その理由として特に大きいのは、まだ運用実績がほとんどないことです。
LENDEX(レンデックス)は最近になってサービス開始になったソーシャルレンディングサービスですから、問題なく運用できたという実績が、まだあまりないのです。
投資を考えるうえで、そのサービスの過去の実績は非常に大きなポイントになります。
問題なくこれら投資案件を多く運用しているサービスなら信頼性も高く、評判もよくなるのですが、LENDEX(レンデックス)はまだこれがないため、まだ慎重な評価に留めている方もよくおられます。

このようにLENDEX(レンデックス)の評判は、いい評価と慎重な評価とに分かれがちです。
両方の評判を見た上で、どんなサービスか判断するといいでしょう。